2020年はバーチカル!おすすめの手帳の使い方。

こんにちは、かずおです。

手帳シーズンということもあるので、今回は手帳についての記事を書いていきます。
今回は商品紹介というよりは、手帳の使い方に重きを置いた内容になっていますので興味のある方は読んでみてくださいね!

目的とおすすめユーザー

ズバリ、今回の手帳の目的は使える時間を把握して、タスクを完了させることです。

手帳に求める目的が違うと、あんまり参考にならない場合もあるので自分の目的に合った手帳術かどうかぜひ一度確認してみてください。
「タスクの可視化」だけでなく「完了させること」を目的にしてるとこがポイントです!

おすすめユーザー
  • マルチタスクの人
  • 毎日のスケジュールが異なる人
  • すきま時間をうまく活用したい人
タスクの総量というより、タスクの種類の多い人におすすめというのがポイントです。

1日8時間勉強をする受験生を例にとると、
8時間英語の勉強のみに費やすことができる人よりも、2時間ずつに分けて英語、数学、国語、社会の勉強をしなくちゃいけないような人におすすめっていうイメージです。

手帳の種類とおすすめタイプ

では先ほどの前提をふまえて内容に入っていきたいと思います!

今や手帳にもいろんな種類があります。
目的や種類によって自分に合ったものを使うのがベストですが、今回僕が紹介するのは下画像④番のバーチカルタイプの手帳です。

バーチカル手帳 参考 手帳レイアウト高橋書店ホームページ

バーチカルタイプがおすすめな理由

  1. 時間とタスクをセットで管理できる
  2. 時間軸と日付軸の区別が明確
まず1つ目。
これはスケジュールにtodoリストを組み込むという考え方ができるという意味です。
僕の場合、箇条書きのtodoリストだとどうしても自分の能力を超えたタスクを入れてしまいがちでした(泣)
スケジュール(時間)と一緒にタスクを管理することで、タスクに必要な時間をある程度正確に見積もることができます。
結果的に自分に期待しまくった時に生まれる現実離れした予定表ができるあがるのを防ぐことができるんです!

そして2つ目。
先ほどの画像を見るとわかりやすいのですが、3番のセパレート、5番のリンクアップのような手帳は日付軸が2軸存在してしまっているのに対して、バーチカルタイプは日付の軸も時間の軸も1つずつなので手帳のメリットが「可視化」ということを考えるととても理にかなっています。

この2つのメリットのおかげで、予定調整をしないといけないようなイレギュラーな時にも、パズルを入れ替えるような感覚でスケジュールを調整することができるんです。

バーチカル手帳、おすすめの使い方

では具体的なバーチカル手帳の使い方をご紹介します!

バーティカル手帳

  1. 使える時間と使えない時間の可視化
  2. タスクの洗い出し(最終的な締め切りも)
  3. 割り当て作業
  4. チェック

①使える時間と使えない時間の可視化

まず既に確定している予定を矢印でつぶします(赤部分)
次に使える時間にも同じように矢印をつぶします(緑部分)。
この使える時間にはお風呂の時間や、移動時間、食事時間などはできるだけ含まないようにしてください!
ぜったいにイレギュラーなことは起きるので、あまりガチガチな完璧主義にならない方がいいです。

わかりやすいように色を分けて説明していますがここはお好みに合わせて試してみてください!

②タスクの洗い出し

その週に終わらせたいタスクを全て洗い出します。
そして期限を横に記入し、タスクの優先順位を可視化していきます。

③割り当て作業

使える時間の部分に洗い出したタスクを優先順位と所要時間を考えながらはめ込んでいきます。
この時「あ、結構この量のタスクを今週で終わらせるのって現実的じゃないな?」て気付けたりしたらラッキーです!
(凹むとこでしょって思うかもしれないですが、ここで気づかないと1週間後にもっと大きく凹むことになるのでやっぱり今気付けてラッキーなんです!笑)
計画は気合いで立てるとうまくいきません…
過度にモチベーションが上がりすぎてる時こそ注意が必要ですね!

④チェック

タスクが完了したら消し込んでいきます。
翌週にもつれ込むタスクはそのままでもいいですし、自分でわかるように色を変えたり、印をつけてみてもいいですね。
この部分が翌週のタスク洗い出しの時にまた出てきます。

これを自分にとって都合のいい曜日で区切って、繰り返していく感じになります!

ちなみにかずおの手帳はこんな感じ。
(完全にルールは守れてないですが雰囲気掴む用にどうぞ…)

おすすめの使い方とコツ

手帳を使うときのちょっとしたポイントを書いていきたいと思います。(あくまで今回の目的に対してのポイントなのでそこはご注意ください!)

ポイント
  • 要所要所で使っていくこと
  • todoリストにはしないこと
  • 頻繁に手帳を見る癖をつけること
この手帳術は本気でやると負担もそこそこあるので、ぼくの場合は本当にやること多くて困っちゃったな〜ってときに要所要所でつかってます(あくまでもやることの総量より、種類の多さです)。
あとはこの使い方をしているときは、手帳を頻繁に見るようにしましょう。
これが習慣にならないと結局自分の頭の中で予定を組み立てようとするので手帳の効果はあまりなくなってしまいます。
忘れるためにメモをするって言葉をよく聞きますが、まさにそんな感じで手帳を使っていければ効果を実感できると思います!

おすすめのバーチカル手帳

最後にぼくが使っている手帳を簡単に紹介しておわりにしたいと思います。
高橋書店から発売されている「No.390 T’ディレクションダイアリー 1(税込1,706円)」という手帳です。

  • 余白が広い
  • 方眼なので使い勝手抜群
  • 大きめ(B6サイズ)なのでたくさん書き込める
サイズが大きいとたくさん書き込めるのと、開いた時に安定して字が書きやすいのでとても重宝しています。
毎年、手帳を変える派なんですが、ようやくお気に入りを見つけたのでリピートしています。
※紹介している手帳は1月はじまりなのでご注意ください!

かずおの本音

手帳って続けることを目的にしてはじめるとどうしても途中からしんどくなってきちゃいますよね…。
自分の目的に合わせてあまり完璧主義になりすぎないで活用していくのがストレスなく効果も実感しやすいと思いますよ!

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。
質問、疑問、感想などございましたら、コメント欄やツイッターのDMで聞かせていただければ嬉しいです!!

ではでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です